9月16日の謎

以前は毎日、ブログのアクセス数を気にして確認をしていたのですが、最近は全く気にならなくなりまして、滅多に開かなくなりましたね。

それが、ふと、なんの気に無しに、先ほど 見てみたのですよ。

それはグラフ式になっていて、日々、細長い長方形の棒状で 表現されています。 アクセス数が多い日は、その棒が長いということ。

さっき、見てみたら、まっさらで真っ白。
ずっと、アクセス数 ゼロかと思って、ひっくり返りそうになりましたが、なんて事はない、月が変わったから(笑)

1ヶ月単位なので、本日、10日1日が、まだ出ていないだけです。

それで、9月分を開いてみたんですよ。

そうしたら、1日だけ 唐突に その棒が長い日がございました。

9月16日(金)。
なんと、この日だけ、普段の10倍のアクセス数があったんです。

すみません、この日って、一体何ですか?(^◇^;)

本人、全く思い当たる節がないんです。

でも、10倍ですよ、10倍!
突然、10倍ですよ!

なんか、僕、テレビに映ったとか?
新聞に載ったとか?
誰かがネットで話題にしたとか?
マスコミかネットで誰かが悪口言ったとか?

どなたか、何か、ご存知の方はいらっしゃいませんか?

知らないうちに、僕が話題になっているっちゅう話で、一体それが何なのか?
その謎が解けなくて、すっごく気持ち悪いんです。

だって、何かなければ、そんな10倍なんてアクセス数にはなりませんよ。

どなたか、思い当たる事があったら、
BBSでも、お問い合わせ先でもいいので、教えてくださ〜い!!

お願いしま〜す!
皆んなで、9月16日に何があったのか、探して下さ〜い!!

9月16日の謎を解け!!!


| - | 17:53 | - | - | - |

まず写真


先日、マッチ〜(町田慎吾)の芝居を観に行ったら、「丈さん、9月は時間あるんですか?」の彼の問いで決まった このメンバー会。

今年2度目、今回はとにかく、成ちゃん(成瀬優和)を入れて、写真を撮ることが、自分的なノルマでした。

前回の会で、成ちゃんが帰ってから写真を撮っちゃったんで、ブログを読んだ 成ちゃんが悲しんだこと悲しんだこと(笑)

なので今回は、「乾杯」の瞬間に撮りました(笑)

お店の人に頼んだら、ちょっと照明が暗くて、やっぱ自撮りだと、がんちゃん(岩原明生)に頼んだら、こんな傑作写真に(笑)

image.jpg

ほぼ、がんちゃんの顏から始まるという構図は 、僕は、大好き(笑)

成ちゃんを入れた写真を撮ったら、もう終わった気になって、帰ろうかと思いました(笑)

このメンバーとは、気楽に呑めるので、毎回、楽しいです。

現在、三人とも頑張っていて、たまに現状を聞くと、自分も頑張らなきゃと奮い立ちます。

ジョーカン復活公演には、ぜひ、この三人と舞台に立っていたいですね。


| つぶやき | 19:46 | - | - | - |

大谷〜〜!!!

大谷〜〜!!!

日本ハムを本気で応援してました。

皆様も知っての通り、僕はジャイアンツファン。
でも、パリーグの野球は個性的な選手が多く、セリーグより面白いと思っていました。

しかも、王貞治さんがいるし、選手が面白いし、博多好きだから、パリーグは ソフトバンクファンを公言していたのですよ。

でも、今は 日本ハム ファン。

というか、大谷選手の大ファンです。

野球ファンに会うと、いつも言うんですが、大谷選手ほど夢のある選手はいない、と。

一つに絞った方がいいとか言う専門家がいようが、本当に二刀流で物凄い結果を残した彼は、野球選手として、「地球」の誇りです。

あと、栗山監督の采配が凄いですね。 数年前の大谷選手の二刀流から始まって、今季の増井選手の先発転向や大谷選手の打者専念など、奇抜と受け取られやすいけど、しっかり理に叶っているのです。

今季の大逆転劇は、パリーグの野球の面白さを知らしめましたね。

ジャイアンツも応援しますけど、カープやファイターズの選手を見ていると、世界一を目指す 来年のWBCが本当に楽しみで仕方ありません。

日本ハムの皆様、ファンの皆様、パリーグ優勝、おめでとうございます\(^o^)/

| - | 00:05 | - | - | - |

成すべきこと

今月、自分的にはとても大きな節目がございました。

こちらを読まれている方は、長きに亘り読んでいらっしゃる方が多いので、
昨年、僕の身に降り掛かった問題のために、僕のプロデュースする公演関係者に多大なご迷惑をお掛けしてしまった事はご存知かと思います。

常連の読者の方が多いので、ご理解頂いているという解釈で細かい説明は省かせて頂きます。

昨年 夏のツアーに参加した関係者の方々へのお支払い、月々、懸命に用立てまして、今月を以って、全ての関係者各位に滞りなくお渡しする事が出来ました。

大変に遅れてしまった事へのお詫びはございますが、非常に重くのし掛かっていた 肩の荷をようやく下ろす事が出来たのは 自分にとっては とても大きな事です。

人にもご相談し、銀行からも2社、この件でお借りせざるを得ませんでした。

前制作主任が他で使ったと思しき 八百万を超える大金は、現在進行形で 決まった額を当人から月々払って貰っていて、 それを銀行などへの返済に毎月充てております。

それら全てを完済させた時に、ようやく僕の心は休まるのでしょう。

そして、未だ到底 許す事の出来ない 前制作主任の事は、その時ようやく、へばりついた思いを溶かしてくれるのかもしれません。

入院をしたり、こんな目にあったり、生きてりゃあ、色々な事がございますが、

人生はプラスマイナス ゼロになると考えている僕は、
一回り大きくなって、自分の力で成すべきことがあるのを信じて、日々 必死に生きております。

| - | 20:53 | - | - | - |

1週間の空白と絆創膏の関係

なんだか、絆創膏の写真を、あまりに面白くて このブログとfacebookに投稿したら、ものすごい反響で(笑)

改めて思いましたけど、はっきり書かないと ある事ない事 想像されますね〜(笑)

だから自分は正直に書くんですよ。 そこまで書かなくてもいいんじゃない、と言われるほど、余計な事まで書きますが(笑)

、、と、自分が今まで正しかったという事を強調しつつ(笑)、今回のかなりな反響を楽しんでおります。

はっきり言って、笑い話で書いたんですよ。
確かに、曖昧にした方が盛り上がると思って、あえてあんな書き方をしたという確信犯ですが(笑)

先ず、否定しておきたいのは、ここに暫く書かなかった事と 絆創膏の関係性は全くないという事です(笑)

ご心配させてしまい、本当に 申し訳ありません。
たぶん 想像が膨らんで、僕が重症患者のようになっていたかと思いますので(笑)、真実を聞いたら、ズッコケルと思います(笑)

1週間 ブログ更新が空いたのは、なんかこう、怒涛のように過ごしてきたので、自身をニュートラルに戻したかったんですよね。

今までは、作家のトレーニングという意味でも、意地でも毎日書き続けようとしてましたが、自分自身に急き立てられたくなくて、書きたいことや意欲が湧き上がってきた時に、自然に書ければなぁ、と思っていただけなんです。

それと、極秘プロジェクトも動かそうとしているので、毎日書いていたら、余計なことを書いちゃいそうで。

すでに、極秘プロジェクトと書いた時点で、もう極秘では無くなりつつありますが(笑)

書かなかった事はそうとして、じゃあ、絆創膏は何なんだと。

ひどい事や危険な状態とか、そんな事は全く無く、簡単にいうと、ケアですね、皮膚の。

え? よけい 分からないですか?(笑)

| - | 00:57 | - | - | - |

絆創膏男


最近、街を歩くとジロジロと顔を見られます。

「俺も顔が売れてきたなぁ〜」

と思いながら家路につき、鏡を見ると、その理由がはっきりします(笑)


IMG_3755.JPG



こんな顔で歩いていたら、誰だってジロジロ見るでしょ(笑)

たいがい顔に絆創膏ベタベタ貼ってると、

「奥さんと喧嘩した?」

って言われますが(笑)

残念ながら、そんな理由じゃありません。

それじゃあ、何だ、と。

虫さされ? 怪我? 火傷?

ご想像にお任せしますよ。


ムフフ、、。

| つぶやき | 13:51 | - | - | - |

広島の皆様へ

こんばんは、カープさん。

今年の貴方がたは、凄かった。 快進撃というのは、こういう事を言うのですね。

完敗です。

マエケンさんがメジャーに行き、絶対に優勝はないと思っていたのに、その事で一致団結をされました。

昨年不調だった方々が見事に蘇り、 黒田さんの男気に、菊地さんのファンインプレー、誠也さんの神がかったバッティング、抜け目ない打撃陣、安定したクローザー陣、 惚れ惚れするような 連勝街道。

我がジャイアンツの本拠地での優勝だけど、黒田さんの涙と、新井さんとの男の抱擁を見た瞬間、複雑な思いが吹っ飛び、心から拍手をし、涙しました。

敵の優勝に、これほど感動した事はありません。

こんなに勢いのある選手たち。 来年のWBCでは、皆様のお力が必要です。
日本のために、我がジャイアンツの選手も含めて、全チーム一緒に 世界一になりましょう。

今年は、このまま、日本シリーズも、、、

あ、すみません。 我がジャイアンツ、クライマックスシリーズは勝つ予定でおります(笑)

広島市民の皆様、全国のカープファンの皆様、
25年振りの 優勝、おめでとうございます。

| - | 22:03 | - | - | - |

iPhone

image.jpg
昨日、アップル社のイベントで新作iPhoneが発表となった。

iPhone 7の新機能は、防塵、防水。FeliCa対応、日本的に言うと お財布ケータイ。
毎年、新機能を聞くたびに、日本がどれだけ技術先進国か改めて知る。

アップル社がiPhone立ち上げから、9年掛けて ようやく防塵、防水機能を確立する以前に、ガラケー時代から言うと、およそ15年前あたりから、日本のケータイ電話には、防水、防塵、FeliCa機能も備えていた。
もっと言えば、初代iPhone発表以前から、日本の携帯電話は インターネットに接続出来ていた。

当時、日本の携帯電話技術は世界が足元にも及ばないほどの先進技術を誇っていたのに、電話通信会社が国内で囲ったせいで、世界に打って出れなかった事は残念でなりません。

おかげ、島内で勝手に動物たちが進化したガラパゴス島のようだと、ガラパゴスケータイなどと揶揄された歴史。 ガラケーと聞くたびに、それだけ凄かったと日本人として誇れる反面、揶揄された もどかしさも、少なからず過ぎります。

そんな日本国は、世界に類をみないほどの iPhone大国だそうで、猫も杓子も 皆んな iPhoneに群がっているような印象です。

世の評論家達は、この傾向を色々と理由を付けて論じるけど、簡単な話。 iPhoneが黒船のように襲来した時に、日本の携帯会社が慌てて スマホを 作ったのがマズかっただけです。

やっつけで作ったせいで、しょっちゅうフリーズし、スクロールも引っかかるようなお粗末な製品が並んだせい。

当時、皆んな、「日本のスマホはダメだ。やっぱり iPhoneがいい」と口を揃えて言い、日本製品を持っていた人も iPhoneに替えていったのを次々と目撃してきました。

僕は頑なに、ジャパニーズガラケーを使用していて、2年前からようやくスマホを購入。
やっぱり、iPhoneでした。

使用してもいないのに、自分の脳裏には 日本のスマホは出来が悪いと、すっかり刷り込まれていたようです。

それから、2年。 縛りも取れ、そこで見た、iPhone 7。 来年には大幅刷新すると噂も流れるなか、日本人はやっぱりSONYじゃないかと、Xperiaにも心が揺さぶられる。

メジャー映画より、アート系のインディーズ映画に魅かれる自分は、ケータイにも何処かアンチイズムがあるようです。 ちなみに好きなプロ野球チームだけは違いますが(笑)

iPadを持っていなければ、日本製品回帰は確定だったけど、でもやっぱりiPhoneかな。
来年の劇的変化まで待つも良し、日本製品を愛しても良し、

この、微妙に揺れる おやじ心(笑)

はっきり言って、他人には どうでもいいような話ですが(笑)、

三つの選択肢に右往左往と悩む自分がいます。

あ、その前に 小遣い 貯めなきゃ(笑) 目下、これが一番の悩み(笑)

| つぶやき | 10:36 | - | - | - |

仲本家

image.jpg

今月は、今までの喧騒をよそに、時間に余裕がありますので、この3ヶ月に出来なかったこと やろうと思っています。

友人とご飯を食べたり、芝居を観に行ったり、文筆活動も。

昨日は「リア王」で共演させて頂いた、松井誠さんと お約束をしていた、仲本工事さんのお店「仲本家」に遊びに行きました。

俳優の江藤潤さんも共同でやられているお店で、仲本工事さんは舞台の稽古 で大阪にいらっしゃるそうでおりませんでしたが、江藤潤さんと仲本さんの奥様の三代純歌さんがいらっしゃいました。

自由が丘駅と都立大学駅と緑ヶ丘駅の、ちょうど真ん中くらいに そのお店がございます。

「小料理」という提灯が掛かっていますが、「焼き鳥」という看板が出ていて、本当はラーメンが美味しいという(笑)、そのうえお店の内装は、1階 焼き鳥屋ですが、2階は高級クラブのような趣な、ユニークなお店です。

以前は、加藤茶さんや左とん平さんに連れて来て頂いて、食事を済ませてから、二次会でお伺いするので、まともに食事を頂いた事がございませんでした。 ようやく、昨晩、しっかり食事を頂いたところ、焼き鳥からマジで美味しくて、自慢のラーメンも、ラーメン通を自認する僕も舌包みを打つほどのお味でした。

6日と決めてから、ワールドカップ最終予選 タイ戦がある事に気付きまして、9時までに家に帰ろうかと思ったのですが、お店にテレビがあり、「日本人として観なければいけないのです」と強固に観戦希望し、周囲のお喋りを隙間から、一人興奮して観てました。 勝って、良かった。

松井誠さん以外、やはり「リア王」でエドガーを演じた 荒川智大くん。 俳優仲間の佐野圭亮くん、芦田昌太郎くんもいて盛り上がりました。

写真は、三代純歌さんから拝借致しました。
| つぶやき | 18:20 | - | - | - |

ママの思い出巡り

スペースワールドの後は、小倉へ向かう。

姫の少女時代と青春時代を過ごした街だそうだ。

小倉に着くと、姫の青春時代の思い出を巡る会になり(笑)
日中、スペースワールドを歩き回り、遊び疲れた殿と上様、そして 私も、その会に強制参加させられる事になり(笑)

「ここに昔、ミスドがあったの。ずっとママ、バイトしてたんだ」とか。

「この音楽教室に、ママ、レッスンに通ってたんだ」とか。

「ママ可愛かったから、この道だけは怖いから絶対に通っちゃいけないって、お母さんにいつも言われてたの」とか。

姫の思い出アルバムを1ページずつ開いていかれても、

足が棒のようになっている子供達にとっては、もうどうでもいいような話で(笑)

ちなみに、旦那も話に食い付く前に、少し座りたい欲求が勝っちゃって(笑)

上様に至っちゃあ、パパにずっと寄り添いながら、

もう歩けねぇ だの、おんぶしろ だの(笑)

「熊本に引っ越す前、ママはこの街で青春を謳歌してたんだよ」 と思い出を巡る会に強烈に私が勧誘してるのに、

「それはいいから、パパ、抱っこして」(笑)

「あそこでママはバイトしてたんだよ!」

「足が痛ぇ〜、足が〜! 歩けない。もう歩けない。パパ、抱っこして」(笑)

ママがバイトしようが、唄 歌おうが もうどうでもいい感じで。

これは、それがピークの頃の、写真です(笑)

image.jpg
| つぶやき | 22:54 | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM