劍技衆 かむゐ

image.jpg

image.jpg

「かむゐ」という剣舞集団をご存知ですか?

「パルプフィクション」のクエンティン・タランティーノ監督が大絶賛する集団。

ここのリーダーが島口哲朗さん。

クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」の殺陣は、全て島口さんが手掛けました。

初めて彼らに会ったのが、梅沢富美男兄貴が座長の明治座公演に僕が出演させて頂いた時です。
かむゐ のメンバーも御一緒でした。

この時、あの今井雅之さんも出演されていて、振り返れば、僕にとっても深い思い出の残る公演です。

舞踊ショーで、かむゐ の皆さんも剣舞を踊られてまして、かむゐ のみの剣舞と、今井さんとジョイントした殺陣。

これも全て 島口さんがコーディネートしたものです。

もう、チョーカッチョええ剣舞と殺陣に、すっかり僕は魅了されました。

この1ヶ月間、僕はいつものように、毎朝誰よりも早く劇場に入り、1時間のトレーニングを行います。

かむゐ のメンバーもアップをし始めた頃、僕のトレーニングは終わるのですが、その後、島口さんに僕は近付き、毎日、15分程度、殺陣を習っていました。

島口さんは、必ず、一つ 新しい技を教えてくれます。

こんな素晴らしい先生が近くにいるのに、教えてもらわない役者がいたら見てみたい(笑)

剣舞とは、殺陣と舞踊をミックスしたもの。

僕は一度、世界が認める かむゐ の島口哲朗さんの創る剣舞を踊ってみたくて、自分の ひとり芝居の時に、島口さん作・振付けの剣舞を披露させて頂きました。

昨年の2月のことです。

島口さんが創る剣舞を舞いたいが為に、それに合わせて 物語を創作したくらい。

この剣舞が大変に評判が良く、それは僕の殺陣と舞踊が秀でていたわけでも何でもなく、ひとえに島口さんの創る剣舞が素晴らしかったからです。

その島口哲朗さん率いる「かむゐ 」は、現在 世界を席巻しています。

「キル・ビル」の音楽を担当した布袋寅泰さんが、テーマ曲を引っさげてイギリスを始め世界に打って出たように、
島口さん達も「キル・ビル」のアクションコーディネーターの肩書を持って、世界を突っ走っています。

本日、かむゐヨーロッパツアー凱旋公演が、日本橋でありました、

ヨーロッパツアーですよ。
カッコいいなぁ。

僕のJOE Companyでも言ってみたいもんですよ。

でも、JOE Companyだって海外公演ありますからね。

『宮古島』(笑)

しっかり海を渡ってますから^_^

それはさておき、
ヨーロッパツアー凱旋公演「ウタカタナセカイ」

歌手の小林未郁さんとのコラボで、その歌声とピアノと剣舞と殺陣で綴る、叙情詩。

台詞が一つもない、イメージで紡ぐ物語は、儚くも美しい。
言葉の壁がないからこそ、世界で通用するんです。
本当に素晴らしかった。

殺陣の技術も、皆、ピカイチで、これだけ上手ければ、世界中で胸を張って、日本の文化・芸術を魅せられると確信出来ます。

それにしても、今日の公演、驚きました。
立回りを観て泣いたの初めてですよ。 剣舞で 涙ですよ!
そのうえ、笑いまで混ぜてー。

終演後、皆んなに会いましたが、演出も兼ねる島口さんは、派手さを敢えて抑えたと言ってましたが、それが大正解。

それ故に、シンプルに胸に迫る傑作になったと思います。

島口さんは写真の通り強面ですが、この人がまたムチャクチャいい人なんですよ。
他のメンバーも、皆んな、ピュアでいい奴らでね。

世界の評価に比べて、母国日本では 評価はされてますが、本来、もっともっと上にいるべき人達なんです。

今の何十倍も評価されるべき人達なのに、この日本の現状に、僕は大変に憂いでますし、強い不満を覚えます。

だから、こうして 書いているんです。

皆さん、劍技衆かむゐ、この名前を覚えておいて下さい。

そして、何処かで目にしたら、
本当に応援してあげて下さい。

彼らは、凄い奴らです。

| つぶやき | 23:23 | - | - | - |

気持ち

image.jpg
image.jpg

ワークショップも順調に進んでいます。

僕が今まで企業秘密にしていた自分用のメソッドまで、出し惜しみすることなく出血大サービスで受講者に伝えています。

表現力や想像力も大切ですが、僕が一番演技で大切にしていることは、“気持ち”。
「感情」ですね。

こうやれば悲しく見えるというような「型」にはめる演技が大嫌いで、“気持ち”があっての言葉や表現。
生きている演技、リアリティある演技も、そこに“感情”があるからこそ。

この「気持ち」は、芝居では梅沢武生座長、浜木綿子座長、落語で三遊亭圓窓師匠、ドラマでは「HOTEL」の近藤照男プロデューサーをはじめとする多くの恩師の方々が必ず僕に伝えたキーワード。

僕自身も分かったようなつもりに成りかけますが、そんなに芝居は甘くはありません。
まだまだ探求しなければならないほど深いのです。

それでも自分が教えを乞うてきた事を、今回の受講者には惜しげもなく伝えていきたいと思っています。

その感情を解放させるメソッド。
これは、今まで各地で呼んで頂き開催してきたワークショップで必ず行うカリキュラム。

勿論、今回、僕が主催する初めてのワークショップでも、一番最初に行いました。

一つ一つの動作も意識(気持ち)によって動かされるもの。その「意識」を持つメソッド。

言葉に頼らない表現。
手から全身を使うところまで―。
そのうえ、感情を踏まえた表現を養うメソッド。

そして現在は、気持ちに音を乗せるメソッド。
1つの言葉にも、多様な言い方がある、引き出しを広げるメソッドで、言葉をようやく使い始めています。

来月にはいよいよ、僕が書き下ろした短編作品のテキストを使用しての実践メソッドに移行していきます。
養成所や他のワークショップではなかなかやらない「脚本の読解」からじっくり始め、演技を構築していくうえで、この4月に実践した多くのメソッドの応用で、確実に演者たちを向上させるつもりです。

何事にも全身全霊ですが、真剣に成長したいと思って来ている受講者には、僕も超本気で対峙して、どんな事をしても、必ずスキルを上げてみせます。


追伸
現在、スポット参加の方も含め、総勢32名の参加者がおります。
最大35名までは受け付けます。
5月、6月と残り3分の2のメソッドカリキュラムを受講希望の方は、当サイト上の新着情報(Whats new)を参照のうえメールにてご応募下さい。
応募締め切りは今月いっぱいとさせて頂きます。
| つぶやき | 10:41 | - | - | - |

線香燻る

image.jpg

image.jpg

一昨日、俳優の片桐竜次さんから電話があり、19日に渡瀬さんのご自宅に不破万作さんと伺うので、一緒に行かないかと誘って下さいました。

渡瀬さんがお亡くなりになった時、渡瀬さんと大変に近しい間柄の片桐竜次さんと不破万作さんはご自宅で直接お別れが出来たとお聞きして、

「僕もお別れがしたかった」と竜次さんに伝えたら、覚えていて、こうしてお声を掛けて下さったのです。

渡瀬さんのご自宅には、今まで 2度ほど お鍋をご馳走になった事があり、今回はそれ以来です。

もちろん渡瀬さんがいらっしゃるわけはないのですが、
お骨とお写真の前で、燻る線香の煙のなか手を合わせて 話しかけていると、
何か 渡瀬さんが微笑んで見てくれているような、そんな温もりを感じました。

訃報を耳にして以来、極力 明るく振る舞っておりましたが、時折、ふと渡瀬さんの事を思い出しては、深い悲しみが去来しておりました。

渡瀬さんの遺作「そして誰もいなくなった」も録画はしてありますが、目にすると悲しくなりそうで、まだ観ておりません。
「9係」も観ませんでした。

今でも、あの現場での 渡瀬さんの真剣勝負の厳しさを思い出します。

自分の生ぬるさを一括されるほど、チリチリとした緊張感のなか、鬼のようなプロの厳しさを見せて頂きました。

ここまで集中してこそ、プロの仕事が出来るのだと教えられました。

少しでも良い演技、クオリティの高い作品を求め続けていらっしゃって、僕はどれだけ渡瀬さんの姿勢に影響を受けたかわかりません。

御自宅では 奥様と沢山の思い出話をさせて頂きました。

奥様から「主人は丈さんの芝居に行くのを本当に楽しみにしていましたよ」と仰って頂き、これほど嬉しいお言葉はありません。

渡瀬さんはもういらっしゃいませんが、残された者たちに、そのソウルは永遠に輝き続けるでしょう。

これから僕も、舞台の上、撮影のカメラ前に 立つ度に、そのソウルを胸に抱きながら、渡瀬さんの微笑む その温もりを感じ続けるに違いありません。


※渡瀬さんの写真は、ネットから引用させて頂いたものです。
| つぶやき | 19:01 | - | - | - |

素敵な籠りライフ

image.jpg
image.jpg

暫く太陽の光を浴びないような生活が続いています。

実は、5月の後半までに、2本の台本を書かねばならないのです。

今は1つ目のプロット作成中。
どんどん月日が流れていくもので、ちょっとずつお尻に火が点き始めています。

5月の後半までに仕上げないと、今度は俳優業が10月に入るまで鬼のように忙しくなるので、その間は腰を据えて机に向かうことは、もう困難。
じっくり書き上げるには ここしかないんです、ここ。

土曜日は僕のワークショップがあり(隔週で水曜日の夜もありますが)、日曜日は子供の少年野球にコーチ参加もして、それでも帰ってきたら机に向かいます。

規則正しく籠っております(笑)

10:00AMに起きて、朝昼兼用の食事を済ませ、文筆作業。

観賞禁止にすると禁断症状が出るので、そうなる前に、レンタルした映画を、この時間に観賞する時もあります。

ず〜っと机に向かい、子供たちが帰ってきたら、よく20分ほどバットの素振りやキャッチボールに付き合います。
後はまた、机に。

夕飯後は、1時間エアロバイクを漕ぎ、

足をハードに動かしながら、要件のメールや、テレビで野球観戦をするなどしてリラックス。

エアロバイク後は筋トレ、体幹トレ、ストレッチ、すっかり汗をかいた後、風呂に浸かりながら滑舌トレと表情筋のトレ。

およそ二時間ほどの食事と運動タイムと入浴を終えて、また、文筆作業。

以前は筆が乗ってきたら、朝まで完徹は当たり前でしたが、深夜3時くらいには寝なきゃと、今は思っています。

健康も考慮しつつ、
役者としていつでも動ける身体でいられる努力もしつつ、

規則正しい籠り生活を継続中。

| つぶやき | 23:10 | - | - | - |

さくら

image.jpg
ワークショップと子供の少年野球コーチ以外、実は家に籠りっ放しで。

何も、籠城されているわけではないのですが、訳あってー。

このまま桜をじっくり拝まないうちに散り始めたら、2017年度中、ずっと後悔すると思い、近所の桜が綺麗な遊歩道まで行き、細やかな時間、堪能してきました。

僕が撮る、さくら。

image.jpg

image.jpg
| つぶやき | 14:32 | - | - | - |

ワークショップ 2回目

image.jpg

image.jpg

4月12日(水)2回目のワークショップ。

演技は物を見ること一つにも、どんな感情で見ているか、例えば人を探しているなら、その人を見つけようという意識を持たなければ演じられない。
「意識を持つ」このキーワードの答えを探すトレーニング。

この大勢の受講者の皆様、お一人お一人が真摯に懸命に学ぼうとしています。

今までも、各地に呼んで頂き、ちゃんと報酬を頂いてワークショップを開催させて頂いておりました。
それは、その土地の自治体であり、学校であり、カンパニーがギャランティをお支払い下さっておりました。

今回は、僕が主催して、受講者お一人お一人が僕に、その対価を支払います。
今までと違うことは、この一点。

今までも当然皆さん、真剣に僕の伝えることに耳を傾けておりましたが、今回は、なんて言いますか、その僕の伝えること、一字一句、若しくは僕が表現すること一挙手一投足を逃すまいと、他人が発表する演技の良き部分を全て盗んでやろうと、目をギラギラさせながら 貪欲に吸収しようと全員がしているのです。

それはまるで、僕がレストランのバイキングに行くと、必ず料金以上の食物を食い倒してやろうとしているのと、あ、違いますか、この例え(笑)

これはある種、伝えている僕も“快感”です。

前も書きましたが、僕自身が主催するワークショップは最初で最後にしようと思っておりましたが、ちょっと気が変わってきました。

こんなにも僕が伝えることを、強く望まれる人たちがいるのなら、また次の機会も見つけようかと、2回目にして思い始めております^^
| つぶやき | 14:33 | - | - | - |

緊急告知!!!!

緊急告知!!!!

昨日(4/9)の投稿文を読まれた方から、「やはりどうしても僕のワークショップに参加をしたいのですが、今からでも大丈夫でしょうか?」という問合せを頂きました。

応募は締め切っておりますが、僕の返事はOK!

僕のメソッドを受けてみたいという その気持ちがとても嬉しくて、

只今より ワークショップ随時募集を開始致します!!!

昨日も書いた通り、直前に脱走した方が2名様おりますので(笑)、現在 総員31名。

先着順で 35名ほどまでは 受付けたいと思います。

詳細は当サイトの新着情報(whats New)を御覧になって下さい。

info★joe-company.com(★を@に変えてください)まで 度御一報下さいませ。
| - | 08:19 | - | - | - |

ワークショップ初日

image.jpg
昨日から僕の名前を冠にした初のワークショップが開催されました。

当初、33人と発表致しましたが、お一人様は脱走(笑)、お一人様はドタキャンで(笑)、結局は31名となりまして、昨日は仕事や体調不良などで五名ほど欠席でしたが、それでも26名もいるわけで、子供が26人いるわけじゃないので、大人たちが26人もいると圧巻ですね。

もちろん初めてお会いする方もいらっしゃいます。
そして他業種の方々が集まり、その多彩な個性に、自然と笑みがこぼれるほどワクワクしてきます。

芝居を一度もしたことがない人もいましたが、僕のワークショップでは皆ゼロからスタートなわけで、しかも役者として基礎訓練からしっかりカリキュラムを立てましたので、キャリアがあるないは関係ありません。

受講者の皆さんに最初に伝えたのは、芝居は英語でPLAYと言い、“遊び”なんです。
だから、遊んでほしいと。
どんな遊びでも、誰でも自然に努力をしている。例えば、釣りなら、より多くの魚を釣ろうと研究したり工夫したり、スポーツだって上手くなれば楽しくなる、ゲームや競馬だって、勝つために研究して上達したいと努力する、芝居も一緒です。

“遊び”は誰にも強制されない、「自由」な世界。だから、発想することも表現することも自由。
「失敗しそうだから」とか「自分には出来ない」とか、自分でその自由の扉を閉じることだけはしないで欲しいと伝えました。

1つの演技に答えは山ほどあるわけで、だから、どんなに間違っているように他人に見えても、それは間違いではないんです。答えの1つ。
だから、失敗なんて、此処にはない、と。

僕は「教える」というよりは、「伝える」つもりで臨んでいます。
今まで学んできたこと、教えてもらった事、経験してきた事、失敗した事、成功したこと、それらを伝えようと―。
それが「勉強」になるかどうかは、受講する本人の意識次第。

どの方もお金を払って学ぼうとに来ているわけで、瞳がキラキラと輝いておりました。

僕の一言一言、心に引っ掛かった言葉を、直ぐにメモを取って、本気で自分を磨こう、上達しよう、一皮むけよう、新しい自分を発見しようと懸命で、アクティングインコーチとしては、これほど冥利に尽きる場所はありません。

僕のメソッドは、とにかく独特で、他のワークショップでは、このようなアプローチはしない思います。

基礎訓練の1つ、感情を動かして解放することを、僕しかやらないメソッドで体験してもらいました。
受講者にキャリアがあってもなくても、スムーズに目的に到達出来る術は間違いではなかったと、受講者の熱気の中、改めて実感しました。

唯一、しまったと思ったのは、夢中になりすぎて、トレーニング風景を撮り忘れてしまった事だけです(笑)
だから、こんな写真で(笑)

| つぶやき | 16:04 | - | - | - |

小学2年生

image.jpg

image.jpg

image.jpg

もうすぐ彼は小学三年生になります。 どうしても、三年生になる前に書いておきたかったことがあって―。

僕は小学2年生という学年にとても思い入れがあるのです。
実は自分が将来役者になろうと決めたのが、この小2。

理由は至ってシンプル。

お楽しみ会で、友達を募って コントだか芝居だか何だかわからない5分程度の脚本らしきものを書き、演出らしきことをして、演技らしきものを見せたら大受けで、それが凄く気持ちよくて楽しくて、それで―。

だけど、子供心にも勉強や運動、友達とのコミュニケーションなど、学校生活はちゃんと送らなきゃいけないと思ったので、義務教育の中学を出るまでは部活も含めて真剣に学業を謳歌しました。

でも、ふつふつと人生計画は立てていて、中学の卒業式直後に、ある養成所のオーディション書類をポストに投函したことは今でも覚えています。

最初は通行人などの下積みも自分が思い描いていた計画通り、ただ20代前半にスターになっているはずでしたが(笑)、人生は自分の思い通りにいかないものだと、この時からず〜っと思い知っています(笑)

ただ小2の時に心に決めた、気持ちよくて楽しかったことを、苦痛を伴いながらですが(笑)、成人以降実現出来ていることだけは幸せに感じております。

自分の小2をふと思い返すと、うちの次男を見て、あまりに我が小学2年生時と違う事に驚きを隠せません。

ただ僕は自分の意志を持って行動を起こしましたが、彼の場合は0歳児に何が何だかわからないうちに始めています。

でも、小2の時、昨年暮れですが、僕とお風呂に入った時、大人になったら俳優になりたいとハッキリ言いました。

僕が子供の頃に親に伝えた時は、両親がガッカリしていたので(笑)、そういうリアクションだけは絶対しまいと子供の頃から決めていたので(笑)
その時は満面の笑みで「自分の好きなように生きなさい」と、そう伝えたのです。

こうして子供たちの活動をSNSやブログによく綴っておりますが、自分のなかでは世の父兄の皆様と同じ思いです。
芸能活動も学芸会を報告しているような感覚―。

お子様がいる皆様も同じかもしれませんが、僕は、これがその時その時を刻むアルバムのように、後々懐かしんで振り返れたらいいなぁ、というそんな気楽な思い。

ただ、それも中学までと、僕は決めています。
それ以降は距離を置こうと―。

何も家を離れるわけではありませんが、本当に彼らが俳優を目指すというなら、僕がこういう場所で綴るのではなく、静かに見守ろうかと。
影ながら応援することはあるかもしれませんが、表立つことはしないつもりです。

せっかくオーディションを勝ち抜いて、自分の実力で歩んでいるのに、余計な色眼鏡で見られる苦痛はいりません。

彼らが自分の意志で歩いていく事、そして夢を持って目指す仕事が「〜の息子」「〜の孫」であるはずがありません。

彼は、彼なのです。

彼らには彼らの人生があり、キャリアをこれから積み重ねようとしています。
そこを見ようとしない、認めようとしない大人たちもどうかと思いますが、そうならないような環境に少しでもしてあげたいのです。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

写真は最近オンエアされている人形の「吉徳」のCMと「永谷園」あさげのCM、斉藤和義さんの「遺伝」のミュージックビデオ。

暮れには 大作映画の公開も控えております。

彼は 来るとこまで来ています。

中学までと言っていましたが、こうしてSNSやブログで彼の活動を報告させて頂くことを止める日が、もっと早くに訪れるかもしれませんね。

それは逆に言えば、喜ばしい事ではあるのですけど。

| つぶやき | 17:19 | - | - | - |

これが家族サービスだ!

image.jpg

image.jpg

わが子よ、これが家族サービスだ!(笑)

トシちゃんが、、、あ、トシちゃんというのは、僕の母が 孫に「婆ちゃん」だの「ばーば」だの「ババァ」とか言わせない為に 強制的に呼ばせていると自分の名前を引用した呼び名です(笑)

そのトシちゃんが孫を連れて野球観戦がしたいと、ジャイアンツの開幕戦のチケットを購入して孫にたちを誘ったところ、
それを聞きつけた僕が メールで、

「僕の分も何処かないかなぁ〜、外野でいいんだ、外野で。端っこの隅でもいいから、我がジャイアンツの開幕戦をこの目に焼き付けたいんだよね〜〜。
あ、外野でいいの、外野で。バックネット裏でゆったり弁当食べながら観たいとか言ってないから、内野の一塁側とか、若しくは、内野の三塁側でも 一塁ベンチの中が見える場所とか言ってないから、ないかなぁ〜、チケット、ないかなぁ〜〜」

これを送信したら、その日は全くレスがなく(笑)

翌日に「出張が決まったので、あなたが一緒に行って来ていいわよ」と返信がありました。

いつもずっと家にいる人が なんの出張だと思いながら(笑)、すっかりお言葉に甘えて、本日、我が家の家計を痛めることなく(笑)、家族サービスという名目で、自分の欲求を満たしております(笑)

侍ジャパンロスに陥っていた、私。 本日から気持ちを切り替えましょう。

ただ、我がジャイアンツ、オープン戦最下位。

でも知ってますか?

オープン戦最下位の年は、必ずジャイアンツが優勝していることを。

そして、知ってますか?

僕は毎年、数試合 東京ドームにジャイアンツ観戦をしますが、最初の試合が肝心なことをー。

観戦初日に勝てば、その年は観戦日全試合、勝利。
僕は、エンジェルジョーと呼ばれます(笑)

しかし逆に観戦初日に負ければ、

後、何度観戦しても、全て負けるという、疫病神ジョーと化します(笑)

だから、今日が肝心なんです、今日が!

どんなにビールの売り子が可愛かろうが(笑)、胸元を見ながらビールなんか買わずに(笑)、今日はアルコールを一滴も摂取せず応援するんだ!

| つぶやき | 18:00 | - | - | - |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM