つづけること

image.jpg
もう4月から最上学年だね。
ついこの間、赤ちゃんだったのに、時の流れの速さには いつも驚くばかりだよ。

小学校のこの期間で、僕が君に願っていたことは、ただ一つ。
“続けること”の大切さを、知って欲しかったこと。

だけど君はこれまで、ピアノ、水泳、変わったところでは、ブラジリアン柔術とダンスのカポエイラ、etc.
習っては、辞め。習っては、辞め。

始めるのも辞めるのも、それは君の自由だけど、少年野球だけは、どんな事があっても僕が続けさせている。
辞めたそうな気配があっても、これだけは僕が譲らなかった。

僕が野球好きな事もあるけど、球技のチームワークを知って欲しいという事もあるけど、そんな事よりも“続けること”がどれだけ大切かを知って欲しかったから。
少年野球まで辞めたら、きっと君の人生はすべて、始めては辞める、そんなことの繰り返しになってしまうような気がしたから。

僕の座右の銘は『継続は力なり』だ。
よく人は僕に、プロデュースしたうえに、脚本、演出、出演までして大変でしょ、と聞く。
そう尋ねられると、必ず僕はこう答える。
一度なら誰だって、情熱とやる気さえあれば必ず出来ます。
何が大変かって、一番大変なのは、それを続けていく事なんです、と。

続けることが、一番大変だけど、それが一番大切なことなんだよ。

ずっと控えでいた君が、コツコツと小さな努力を積み重ねて、ようやく最近スタメンで使ってもらえるようになった。
試合に出ている君の姿を、僕は感無量で泣きそうになって見ているのを、君は知っているかな。

話は変わるけど、君も幼児の時分に子役を始めた。
僕がいつも感心しているのは、どんなに弟の活躍が目立っても、君は心から喜び、ひがんだり、やっかんだりした事がない。
その優しさと純粋さは、いつまでも持っていて欲しいな。

今、弟と同じ子役専門の事務所に君は登録しているけど、ママは、中学に入ったら辞めた方がいいんじゃないかと言っている。
それを聞いた瞬間、君の顔が曇ったことを僕は見逃さなかった。

きっと続けたいんだろ?

だったら続ければいいじゃないか。
後悔するくらいなら、続けなさい。

親に反対されたからって、行きたい道に行かない事は間違ってるぞ。
逆に言えば、親に辞めろと言われて辞めるような浅い想いなら、それは辞めた方がいい。

別に役者じゃなくたって、やりたい事が見つかれば、そこへ猛進するんだ。
親がなんだ。君は君の人生じゃないか。

やりたい事をやりなさい。行きたい道に行きなさい。
そして、目標を定めたら、努力し続けるんだ。

フライも獲れない、ボールも打てなかった君が、今はスタメンで試合に出してもらえている。
わかっただろ?
  やれば出来る。
人生に不可能はないんだよ。

11歳の誕生日おめでとう。

image.jpg

image.jpg
| つぶやき | 22:54 | - | - | - |

凡才の想い

image.jpg

世の中には努力しなくとも、簡単に成してしまう天才はいるけど、僕は全く違う。

俳優として凡才で、決して上手いとは言えない。
だから勉強をして、研究し、指導を受け、失敗してもいいからトライして、稽古やトレーニングを懸命に積み上げてきた。

役者を志してから、始めは“仕出し”ばかりだった。オーディションに行っても、ほとんど落選で、たまに受かればセリフがたった一言の役。それでも嬉しくて懸命に演じた。

僕はスターの気持ちは分からないけど、控えている人間の思いは痛いほど理解できる。
思ったような演技が出来ないもどかしさ、スポットが当たらない悲しさ、認められない悔しさ、仕事が来ない苦しみ、前へ進んでいけないジレンマ、、、。

ある時、「駅前シリーズ」などを撮られた昭和の名ディレクター、瀬川昌治監督が俳優養成の演技塾を立ち上げる際に、「丈君にも手伝って欲しい」とお声を掛けて頂いたのがきっかけで、初めて人に教えるということを経験させて頂いた。
以来、全国で招かれ、ワークショップの依頼を受けるようになった。

人には得手不得手があるけど、“人に教えるということ”は自分に合っている気がしている。

それは、下で燻る気持ちや、思うようにいかないジレンマを理解し、出来なかった演技がどうやったら出来るようになるか身をもって経験しているからだ。
だから、数学や化学は教えられないけど、芝居だけは教えられる。

僕は幸運にも未だに恩師の方々がいて、厳しく指導してもらえている。
恩師の方に教えてもらった事や、自分なりに勉強、研究し、発見できたこと、自分で試して失敗したこと、逆にうまくいったこと、日々の精進で出来なかったことが一つずつ出来るようになり、前へ一歩ずつ進めていること、その積み重ねでノウハウを覚え、自分なりのメソッドを見つけられた。

その全てを 希望する人がいれば 惜しげもなく伝え、必ずその人のスキルを上げたいと思っている。

そして、そんな方々と、近い将来、一緒に作品を創りたい。
それが、舞台になるか、映画になるか、役のイメージに合えば、必ず招きます。


?四月から三か月間掛けて、表現者の育成、スキルアップ、そして僕のプロデュースする作品への出演を目的とした、本格的なワークショップを開催致します。 参加者の応募が始まりました。
希望者は、当サイトの新着情報(whats New) http://new.joe-company.com/
| つぶやき | 13:42 | - | - | - |

明日から前売開始!

来月、僕が参加させて頂く舞台、『キスより素敵な手を繋ごう』の前売り券が明日(1月16日 月曜)より開始致します
予約方法なども下記に明記しましたので、興味のある方はご覧になって下さい。
ちなみに、役者の名前でチケットが購入出来るそうで、それは当然僕の成績になるようで(笑)、前売予約される方は是非その方法でお願い致します(⌒▽⌒)

【公演タイトル】
ナイスコンプレックスN27
『キスより素敵な手を繋ごう』

【公演日程】
2017年2月22日(水)〜26日(日)

【劇場】 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

【作・演出】

キムラ真

【キャスト】

滝川英治

阿澄佳奈 富田麻帆 八坂沙織 梅田悠 影山達也 足立英昭 萩原悠

早野実紗(ナイスコンプレックス) 濱仲太(ナイスコンプレックス)

小野寺丈

ほか

【スケジュール】
2月22日(水)19:00
2月23日(木)14:00/19:00
2月24日(金)19:00
2月25日(土)13:00/18:00
2月26日(日)12:00/16:00

【チケット一般発売日】
2017年1月16日(月)12:00〜

【劇団公式HP】
http://naikon.jp

【問い合わせ】
info@nikon.jp

予約方法

?WEBから予約 http://confetti-web.com/naikon 
・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
・セブン-イレブンへの発券手数料がかかります。

?電話で申込(カンフェティチケットセンター)
0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)
・払込票番号を予約時にお伝えしますのでメモをご用意ください。
・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。
・予約有効期間内に、払込票番号をお近くのセブン−イレブンのレジまでお持ちください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 【チケット料金】(税込.全席指定)
プレミアムシート(特典付き座席)10,000円※当日券はございません
S席 前売:6,500円 当日:6,800円
A席 前売:4,500円 当日:4,800円
高校生以下:2,500円※学生証提示必須

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
尚、チケット予約サイト内で、 応援キャストのお名前をお客様が選択出来る形式になっております。

| - | 17:55 | - | - | - |

突然ですが

image.jpg
本日、情報解禁になりましたので、お知らせしたい事がございます。

突然ですが、来月、舞台に出演することになりました!

新進の劇団からオファーを頂き、若い方々が僕を必要としてくれている事に、とても興味を持ちまして、出演させていただく事になりました。


【公演タイトル】

ナイスコンプレックスN27
『キスより素敵な手を繋ごう』

【公演日程】
2017年2月22日(水)〜26日(日)

【劇場】
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

【作・演出】
キムラ真

【キャスト】

滝川英治

阿澄佳奈
富田麻帆
八坂沙織
梅田悠
影山達也
足立英昭
萩原悠

早野実紗(ナイスコンプレックス)
濱仲太(ナイスコンプレックス)

小野寺丈


ほか

【スケジュール】
2月22日(水)19:00
2月23日(木)14:00/19:00
2月24日(金)19:00
2月25日(土)13:00/18:00
2月26日(日)12:00/16:00

【チケット一般発売日】
2017年1月16日(月)12:00〜

【劇団公式HP】
http://naikon.jp

【問い合わせ】
info@naikon.jp


★追伸
新着情報・whats Newに4月からのワークショップの参加者募集要項をアップしましたので、興味のある方はご覧下さい。
| つぶやき | 19:46 | - | - | - |

冥王星

image.jpg

元旦の新聞によく今年一年の運勢など特集を組んでいますよね。

うちでとっている新聞でたまたま『0学占星術』の特集を目に致しました。

元々自分は占いとか信じなかったんですよ。
いや、厳密に言うと最初は信じていたんです。
特に僕の手相は、両手 マスカケ、若しくは百握りと言いまして、産まれた時から両手とも一本線が横断している稀なものなんです。
徳川家康が確かこれで、天下を獲る手相だそうで、ただ努力をしないと落ちるところまで落ちるという、大スターかホームレスかと極端な手相。

産まれたばかりの僕の手のひらを見た両親が驚き、僕の将来を本当に期待したと聞きます。

子供の頃にこの話を聞いて、ここまでは信じていたんです、占いを。

10代の時に将来の夢を持ちながら、手相、星、名前、人相とあらゆる占いで見てもらった結果、どれも決まって、

“大器晩成”

人生の晩年に大成するという意味で、悪い言葉では決してないのですが、10代の自分はそれを聞いて、

「おいおい、なんだよ。俺はオッサンになってからじゃないと売れないのかよ」と、
「若いうちから俺はスターになるんだよ。占いなんか信じねぇよ!」と思い、 ここから占いを信じなくなりました(笑)

、、、が、しかし、

40過ぎた辺りから、

「お願いだから、占い当たって!」と(笑)、

手相を見るたび
「どうなってんだよ、この両手マスカケ!」
「そろそろ効力発揮してくれよ!」と(笑)

祈るような思いで、只今 占いをチョー信じたい(笑)

そんな状況で見た、元旦の『0学占星術』。
それは、人生を春夏秋冬で例え、12年周期で運勢が巡ると説いています。

自分は「冥王星」という星で、イチロー選手や日ハムの栗山監督、カープの黒田投手、新井選手などと同じ星。

最悪な時期が“0地点”と言って、季節に例えると 種子も凍り付くような超真冬で、大切な何かを失ったり、人に裏切られたり騙されたり、何かをやれば失敗するような酷い運勢。
僕の冥王星の0地点が、2015年の7月。
これには本当に驚きました。

Mutter読者はよくご存じでしょう。その時期―。

ちょうど「ハオト」という作品のツアー中で、ツアー最終日の宮古島公演とその前の金沢公演を中止にしなければならなかった最悪の状況の時です。
ドンピシャです。

翌年2016年は、“精算”といって、新しい運命に切り替わる年で、借金や病気もここで精算した方がいいと言われていて、
皆さんご存知のように、ご迷惑を掛けた皆様には全て昨年中に精算させて頂きましたので、0学占星術を信じるなら、それが出来て良かったと思っています。

そして今年、2017年は“開拓”と言って、新たなスタートが切れる年だそうです。
変化や転換が多々あって、初体験の仕事と出合ったりすると書いてありまして、既に 当たっている気配。

ちなみに今年最も運勢のいい星は「水星」で、ドナルド・トランプ氏や小池都知事がそうです。

完全に占いを信じ切っている僕は、この事実に十回くらい頷きました(笑)



追記
新春特別企画「終着駅の牛尾刑事vs事件記者・冴子〜森村誠一の“ラストファミリー”」が1月7日(土) 21時 テレビ朝日系でオンエアされます。


そして、昨年撮影風景を投稿した時代劇もオンエア日が決定しました!

3月3日 『新陰流 上泉伊勢守信綱』 BS朝日19時〜
| つぶやき | 18:48 | - | - | - |

2017年 !!

新年明けましておめでとうございます!

以前もお話しましたが、このMutter読者の皆様は、不特定多数で何方が読んでいらっしゃるかも分からないのですが、とても信頼しているのです。
僕が考えている事、感じている事に触れてもらい、きっと僕がどんな人間かを理解してくれていると思っているからです。

Mutterを読み、BBSでリアクションを下さり、共鳴して頂いたり、励まされたり、背中を押して頂いたり、昨年中も感激する事が山のようにございました。
本当にありがとうございますm(_ _)m

本年も変わらぬ御愛顧のほど、何卒宜しくお願いいたします。

2017年が幕を開け、早速ではございますが、2つのご報告がございます。

1つは、先月撮影してました、新春特別企画「終着駅の牛尾刑事vs事件記者・冴子〜森村誠一の“ラストファミリー”」が1月7日(土) 21時 テレビ朝日系でオンエアされます。
「終着駅」シリーズは鑑識役でレギュラー出演しておりますので、宜しければご覧になって下さい。

今年は色々と新たなチャレンジを考えておりますが、そのうちの一つをご報告させて下さい。

実は、今年の4月〜6月の3か月間掛けて、生まれて初めて わたくし小野寺丈が本格的な演技のワークショップを開催することが決まりました。

自分が師事をさせて頂いた多くの恩師の方から教えて頂いたこと。
自ら歩みながら、失敗したり成功したりと積み上げてきた、経験と実績。
長きに亘り活動をしてきて、自分が発見したこと、気付いたこと、肝に命じたこと。
それらを基に、オリジナルのメソッドを確立してきました。
プロの表現者の育成のために、僕が学んだこと、培ってきた事を参加者の方々全てに、惜しげもなくお伝えしたいと思っております。

そして、このワークショップ開催にあたり、自分の中で最も大きな目的は、
来年2018年の1月に上演が決定している、僕が主宰するJOE Companyの新作公演を始め、それ以降の公演や他のプロジェクトに、ワークショップ受講者で出演意思のある方から、数名キャスティングするつもりでおります。
僕の未だ知らない新しい才能、この三か月間の努力で開花された才能と出逢いたくて仕方ありません。
僕の知り合い以外で、僕の作品に出演したいと思う方がいれば、この参加が最も近道かと思います。

毎週土曜の午後と隔週水曜の夜を使い、三か月間で 全18回のトレーニングレッスン。
受講料も他のワークショップや養成機関より極力安く設定して、どなたでも意志さえあれば参加しやすいように、全額で5万円台を考えております。

2月に詳細を開示し、募集を開始致しますが、定員を超える応募があった場合は、書類選考で人数を絞り、制限する予定です。

現在役者を生業にしている方、役者を志そうと思っている方、役者ではないけどプロの表現者として新たなメソッドを体験したい方、
若しくは、ご自分は志していなくても お知り合いの方に役者や役者志望、表現者の方がいらっしゃり紹介してみたいと思われた方など、年齢制限なし、プロアマ不問、自薦他薦 全ての方に門戸は開かれております。

興味があり、参加してみたいと思われた方は、当サイトの問合せアドレスでメールして頂き、その旨をお伝え下さい。

info◯joe-company.com

(◯を@に変更してメールして下さい) ※メールして下さった方には僕が返信致しますので、設定によっては返信メールが届かない場合がありますのでご注意下さい。

正式には2月から受付ますが、僕のサイトをご覧になっている方々には特別に、正式募集開始前まで、ワークショップ参加の先行予約をさせて頂きます。

定員超えで応募があった場合でも、早くに参加意志を伝えてくださった方々を優先的に考慮させて頂きます。


追伸 BBSに返信致しましたので、お心辺りのある方はご覧になって下さいませ。 image.jpg
| つぶやき | 19:26 | - | - | - |

2つの秘密

もう今年も終ろうとしていますね。


以前は頑張って毎日アップしておりましたが、本年後期はすっかり投稿数が減ってしまいまして、このMutterを毎日楽しみにされている方々には申し訳なく思っております。


これは言い訳というより、それに関して明確な理由がございまして、ちょっとその事を触れさせて頂きたいと思います。


来年、僕にとって初めて挑戦することが、大きく分けて2つございます。


厳密に言いますと、来年挑戦するというより、既に準備を開始しているので、もう始めている事なのですが、まだどうしても言えないのです。


例えば、その事で一日中、机にかじりついている日などは、ブログなどの日記に書こうとすると、その事に触れなければなりません。


でも、それは出来ないので別な話題を見つけようとすると、その話題を探すだけで大変に時間が掛かり、その時間も勿体なくて、結局、投稿しないという選択になってしまいます。


以前からのMutter読者の方には知っている方も多いかと思いますが、僕の身には予想だにしなかったことが降りかかり、それでもご迷惑をお掛けした方々にはお約束通りの誠意を完遂させることは出来ました。


しかし自分自身の身に、本当の平穏が訪れるには、もう少し時間が掛かりそうです。


そんななか新しい事へチャレンジするのは、通常よりも困難を極めます。


だから慎重に、だけど大胆に、石橋を叩きながら、それでも猛ダッシュして渡ることも大事で、現在の状況を説明すると、そのような感じです。


チラチラと匂わせたい気持ちは山々ですし、有言実行も時に必要ですが、こんな時こそ不言実行が一番前に進みやすいようです。


僕の2つの秘密。


でも、そのうちの1つは年明けにお話しさせて頂きます。

実際は2月から募り、春から実行することですが、このブログとSNSで先行発表し、希望者も先行で募ろうかと思っております。


色々な事があり今年は大人しくしておりましたが、


始まりますよ。


いよいよ動きますよ。


2017年は、潜ませていたこの足を、一歩大きく前へ踏み出します。




このMutterJOE Company、小野寺丈を今年も御贔屓頂きまして、大変に嬉しく思います。

どうもありがとうございます。

どうか来年も良い年になりますように、お迎え下さいませ。



追伸 BBSに返信しました! お心当たりのある方はご覧下さいね。

| つぶやき | 17:29 | - | - | - |

卑怯者の偏見と戯言

image.jpg
自分は はっきり言うほうですが、伝える時は ちゃんと自分を明かした環境で 必ず物申すようにしています。
顔や名前を出さずに、人の批判や悪口など言いたい事を言う人間が昔から大嫌いだからです。

だから、ネットをウロウロしてエゴサーチする事も無いし、自分のH.Pのブログは更新しますが、SNSは相手が分かるfacebookしかやっておりません。

実は最近、うちの子達がネットで標的にされているそうです。
僕は見ないのですが、家内が目にして たまに報告します。

それを聞くたびに、本当にアホじゃないかと思います。
恐らく、同じように子供を子役にしている母親のやっかみか、人の揚げ足を取ろうとネットを徘徊している人々か、僕か家内を元から嫌いな人のいずれかでしょうが、どちらにしても ロクなもんじゃないですね。

子供への批判の多くは、要は僕の力で子供は活躍しているというような内容。
もっと偏見がひどいのは、七光りならず二十一光だと言っている輩。
これは僕プラス家内プラス親族を指しているそうです。
これには爆笑しました。

はっきり言いますけど、
稀に、以前うちの子を起用した方が再度お声掛けして頂く事はありますが、子供の仕事のほとんどはオーディションで決まります。

自分もかつて子役の世界に少々偏見がありましたが、大人の世界のように事務所の力関係やコネクションが少なからず影響を及ぼすような事もなく、全てオーディションで決定しているところが とても潔くて 子役の世界を改めて認め直しましたし、羨ましくもあり、大変に好感を持ちました。

もちろん うちの子達だって その世界にいて、受かった仕事は表立つので目立ってしまうわけですが、受けたオーディションの大部分は落選しています。

もし本当に僕が業界で力を持つような者なら、次男だけではなく、お兄ちゃんの事もなんとかしているでしょう。

それ以前に、子供を置いても、自分の事を何とかしています(笑)

この うだつの上がらない 伸び悩む中年俳優の悶々とした日常を、その僕の力とやらで とっくのとうに脱却させ、超売れっ子俳優になって、もっと生活を楽にしてますよ。

何も判らない人が考えるほど、
芸能や芸術の世界を生きる事は至極容易ではございません。
血の滲むような努力と精進と、そこに加味される 強運を持ち合わせてなければ、上に登っても行けないでしょう。
だから、毎日毎日、綱渡りをしているような心境で生きております。

家族を守り、生活を支えなければならない身なわけで、仕事のオファーが殺到する状況になりたいに決まっています。

自分の事は何言われても構わないけど、うちの子達は まだ小学生なので、
影に隠れてしか言いたい事も言えないような卑怯者の偏見と戯言で振り回されて欲しくなくて、久しぶりに ちょっと辛辣トークを吐かせて頂きました。

追伸  BBSに返信を致しました。お心当たりのある方は、ぜひご覧ください。

| つぶやき | 15:47 | - | - | - |

サンタさんへ

image.jpg
我が家では子供が小学校を卒業するまでは、サンタがクリスマスのプレゼントを届けると言い続けようと思っております。

殿はもう5年生、流石に サンタが架空の人物だという事は分かっていると思ういますし、上様は2年生で半信半疑だけど薄々こちらも分かっているでしょう。

それでも僕らの演技に付き合ってくれて、サンタが本当に実在していると思っています風に演じてくれています(笑)

なので、うちは 親子それぞれが芝居し合っているという、仮面夫婦のような現象に陥っております(笑)

その証拠に、プレゼントをくれるのはサンタではなく親と決め打ちしているような、サンタさんへのメッセージ(笑)

プレゼント希望がかなり具体的で、しかも事細かに第三希望までしっかり書いてある(笑)

現在我が家が諸事情により若干金欠なのを分かっていて^^;、無茶なお願いは一切なく、それでも手が届きそうな微妙なラインを突いてきています(笑)


(殿)
サンタさんへ

プレイステーションVR もしくは
デュエマガイギンガ 2枚 もしくは
ハガネのれんきんじゅつし 全巻ください

(上様)
サンタさんへ


1 できれば デュエマ 5ボックスほしいけど サンタさんが だめ だったら デュエマ できれば 3ボックスで エクゼイドのレベルファイブドラゴンのやつをほしいです。
できれば おねがいします。

後 できれば レベル3のロボットをください だめだったらロボットをぬいてください

3番 そうしたら シューティングゲームをおねがいします

メッセージ サンタさん 大すき。
毎年プレゼントくれて ありがとう
来年もプレゼントください。


以上ー。

皆様も素敵なクリスマスをお過ごし下さいo(^▽^)o
| つぶやき | 12:52 | - | - | - |

メジャー

報道ステーションを観ておりましたら、カブスに入団が決まった 上原投手がゲスト出演しておりました。

青木選手がWBC参加に飛び上がっていた僕は、上原投手も当然参加してくれるものだと思っていたら、
生放送で 「正式にお断り致しました」の発言。

こ、こ、これは、、 一番行きたかった高校受験に落ちたくらいの、、
あ、この例えは古すぎて ちょっと自分自身にもリアリテイがありません(笑)

一番出たかった映画のオーディションに最終選考まで残りながら落ちてしまったくらいの衝撃と悲しみに、打ちひしがれています。
只今、引き摺り中(−_−;)

理由は、チームに反対されたとの事。 チームワークを考えて、チームメイトと過ごして欲しいのだそうです。

子供じゃないんだから。
小学校の転校生ならわかりますが、大人なんですから。

これで、カブスが嫌いになっちゃいましたよ。

給料払っているのはチームなのは分かりますが、国を愛する気持ちや代表になる誇りを 理解して欲しいなぁ。

こういう部分はサッカー界の方が とてもグローバルな考えを持っていて 好感持てますよ。

やはり世界中で競技人口の多いスポーツですね。

アメリカの野球はメジャーなんて言ってますが、地球規模で メジャーなスポーツかといえば 全くそんな事はなく、もっともっとグローバルなスポーツにする為には、世界中に愛されるスポーツになって欲しいです。

WBCもベースボールの国別対抗の真の世界一決定戦にして欲しい。
ベースボールの為にも。

他の 日本のメジャー選手は 是非 出て欲しいです。
心から願っています。

| - | 23:40 | - | - | - |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM