<< 前略 大谷翔平様 | main | カウントダウン >>

先生との会話

昨日、退院後 初めての右膝の検診に行ってきました。

「先生、自転車はいつから乗っていいでしょうか?」

「もう今日から大丈夫ですよ」

「10キロの距離、普通に乗るんですけど」

「そんなに乗るんですか!?」

「はい」

「自転車はどんなものですか? ロードバイクとか」

「デザインはロードバイク風ですが、電動です」

「電動なら、まあ、いいでしょう」

「エアロバイクは?」

「いいですよ、今日から。歩くより自転車の方が負担がないので」

「いつも1時間くらい 漕ぐんですけど」

「そんなに漕ぐんですか!?」

「はい」

「それはマズイな」

「30分くらいなら、どうですか?」

「まあ、30分くらいならいいでしょう」

「いつから、1時間にしていいですか?」

「自分の膝と相談して、判断して下さい」

「いや、先生がちゃんと期限を決めて下さい。痛みがないと、もう大丈夫だと思って、ムチャクチャしますから、僕」

「そんなんなっちゃうんですね。では、、12月頭の次の診察で判断しますから、それまでは30分で我慢して下さい」

「流石にジョギングは難しくても、ウオーキングならいいですか?」

「もう歩いてもいいですよ」

「いつも1時間は歩きますけど」

「そんなに歩くんですか!?」

「はい」

「これも、ゆっくり30分くらいでしたら」

「ありがとうございます。いつから1時間に延ばしていいですか?」

「自分の膝と相談して、、」

「だから先生が釘を刺してくれないと、ムチャクチャしますから」

「ではこれも、次の診察までは、ゆっくりでお願いします」

「それで、少年野球のコーチもやっているんですが」

「そんな事もしてるんですか!?」

「はい。うちの子が2人共所属しているので」

「どんな事されるんですか?」

「ノックしたり、キャッチボール付き合ったり、ランナーとして走ったり、ボール拾いに屈んだり立ったり屈んだら立っ、、」

「次の診察まで、見学にして下さい」

「あ、はい」

「ムチャクチャしそうですから」

、、と、僕と同じ歳の担当医の先生と繰り広げておりました。

とにかく、毎日 1時間の有酸素運動とストレッチや筋トレ、体幹トレ、滑舌トレは欠かしたことがないので、必ず汗をかくことを何十年も続けてきて、術後何日も汗をかかないのが気持ち悪くて仕方ありませんでした。

吹き出物まで久々に出ちゃいまして、毛穴から毒素を出したくて仕方なくて。

松葉杖もとれ、少しずつですが、リハビリも兼ね、昨日から、汗をかき始めました。

| - | 16:05 | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM