<< 本日オンエア | main | ほぼほぼノン サプライズ >>

作品の力

僕の初舞台は、15歳の時に、梅沢劇団の舞台だった。
祖母が贔屓にしていたご縁で、そんな素晴らしい機会に恵まれた。

現在は後見人で前座長の梅沢武生先生を始め、現座長の梅沢富美男兄貴の近くで舞台を学び、お客様をどんなことしても喜ばすエンタメパッションは、この時に学んだ。

小劇場で創作活動している者の中では、かなり希有な経歴だと思う。

その梅沢武生前座長は、口上で 毎日「明日が一番面白いんです」と言って、翌日も 足を運んでもらうように促すのが通例だった。

常に、NEXT。一番面白いステージになるのは、今日より、明日ー。

日々の向上心と共に、1人でも多くのお客様を呼ぼうとする精神も、ここで学んだ。

今思えば、その思いに裏付けされるだけの、プロデュース力、演出力、演者達の実力など、ステージのクオリティに自信がおありだったからだと思う。

自分もプロデュースをする立場で、何とかお客様を呼ぼうとあの手この手と考えて、

一時は、毎日 アフタートークを入れたり、千秋楽後に 打上げイベントと称して イベントを考えたり、そちらにばかり気を取られてしまった事もあった。

きっとそれは、プロデューサーとしては間違った考えではないとは思うけど、 この2年半の空白期間で自らを見つめ直して、それは違うような気がしてきたのだ。

そうじゃない。

お客様に喜んでもらう、足を運んでもらえるようにするのは、そこじゃない。

俺は本分を忘れていたのではないか。

本当に魅せなきゃいけないのは 作品で、役者たちの高度な演技であり、緻密に練られた脚本であり、観客が唸るような演出力なのだ。

「作品」が凄ければ、超絶に面白ければ、心から感動出来れば、
お客様の心を動かすことが出来るはずだ。

そこまで突き抜ければ、きっとお客様は また来てくれる。

そして、口コミで広がり、お客様が自然と足を運ぶようになる。

「作品の力」があれば、お客様は必ず 足を運び、自ずと 増えていくはずだ。

だから僕は今回の「ええ、アイ」で、初心に還った。

アフタートークもイベントも一切しない。

カーテンコールの挨拶も、夢を売る役者がダラダラとロビーに素で現れるような事も一切しない。

ただただ、「作品の力」で勝負したかった。

「作品の力」を信じている。

作品の力をー。


JOE Company Reboot stage 「ええ、アイ」
作・演出 小野寺 丈
詳細・予約 新着情報 What's newをご覧ください。

※千秋楽は完売致しました。
補助席で当日券のみご用意させて頂いております。
| - | 10:58 | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM