<< PIKA | main | 開店!! >>

NEXTへ

FullSizeRender.jpg

今までは 一つも思わなかったのですが、ちょうど「ええ、アイ」のシナリオを書いている時ですかね、

「こんなにやってるのに、もっと脚本や演出のオファーがあってもいいのに...」

って思ったんです。

それまでは別段思わなかったんですよ。

俳優業が長いからか、役者のオファーを待っている気持ちが強かったのに、ある日突然 そう思ったんですね。

ほどなくすると、二つのお話が突然飛び込んできました。

一つは ある俳優の方から、小劇場での脚本、演出のお話。

もう一つは、ネットシネマの監督のオファー。

こうなるから、そう予兆したのか? そう思ったから、そういう仕事を呼び込んだのか?

どちらにせよ、僕の舞台作品を観て、可能性を感じて下さり、お声がけして下さった事は大変に有難いし、心から嬉しい事でした。

今日、1回目の打合せに行ってきた、ネットシネマの監督の仕事は、僕にとって絶好のタイミング。

このネットシネマは、7月にクランクインして、30分〜1時間の中編作品をネット上で公開する試み。

実は 自分のオリジナル作品を、劇場公開の本編作品として、年末近くにクランクイン希望で現在動いている矢先のオファーでした。

劇場公開する長編映画を撮ってこそ、監督メジャーデビュー、初監督作品だと思っている自分にとって

今回のお話は、必要不可欠な前哨戦だと思っています。

ほぼレンタルではありますが、年間 350本近く鑑賞する映画オタクで、 だからと言って いい絵が撮れるとは限りません。

舞台演出とは、使う回路がまるで違う、映像演出初挑戦で、

ど素人だからこそ、カット割りやカメラワークのセオリーなど度外視して、

撮りたい絵を撮るつもりです。

「腕試し」という言葉は適切ではありませんが、リスクを恐れずに 初めての世界に思い切り飛び込んで挑戦したいです。

失敗も全て大きな勉強になるに違いありません。

これは、僕の 劇場公開初監督となる作品への試金石になるでしょう。

このような勉強になり得る現場を提供して頂いた会社には、感謝の言葉も尽きません。

今日は、台本やキャスティングやクランクインの日程など 話し合ってきました。

小さい役だけど空いている役を頂き、僕のワークショップの受講者で、稽古場や本番付きで協力してくれた若者たちから優先的に紹介致しました。

いやぁ…、人生は面白い。

散々ひどい目に遭っても、その見返りに いい事も必ず訪れる。

神様はキチンと 帳尻を合わせてくれる。

浮き沈みかあるからこそ、面白い。

そんな、ただでさえ面白い人生、

これから益々 面白くなりそうです。
| つぶやき | 22:40 | - | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM