<< 売上成績 | main | 師匠の、らしい会 >>

新人ベテラン俳優

IMG_8005.jpg

連日、絶賛稽古中!

よく大劇場の芝居などは、大御所の大先輩が沢山いらっしゃりますし、稽古初日の立ち稽古には、台詞もしっかり入れてきて、すぐ幕を開けてもいいくらいのクオリティで演じられる方々ばかりなので、自分も必死に台詞を覚え、ガッツリ役作りをして向かわないと太刀打ち出来ません。

だけど今回のように、初めての現場、初めて共演する方々、しかも若い人ばかりだと、自分も稽古の迎え方を変えます。

他のキャストが どういう演技をするかも分からないので、なるべくフラットで行き、隙が多い方が、若い人達が入ってきやすいかと考えます。

ガチガチに芝居を固めてきて、大上段に構えて 俺の芝居に合わせろ、とやるより、若い子たちと一緒に台詞を覚えながら、共に創っていこうかという空気にしたかったんですね。

10代の子も多いので、それなりにキャリアのある凄い歳の離れた先輩感だけは出したくなかったし、萎縮されるのも嫌だったので、そんな意図で稽古場に臨みました。

もともと自分は役者のルールには気を使い、

演出や監督が同年代や年下であっても、現場では敬語を使い、敬称も「さん」付けで呼び、監督や演出を立てます。

演出家や監督を無視して、演技指導や演出してしまうような現場態度だけは絶対にしてはいけないので、とても気をつけます。

むしろ、10代の子たちがいても、同じ目線で同じものを創っていけるように心がける毎日。

主宰の田口さんに「丈さんの所は、いつも稽古はどのくらいやるんですか?」と尋ねられたので、JOE Companyは劇場入りまで3週間稽古なので、そのまま返しました。

そうしたら気を使ってもらい、本読みとかチョロチョロとありましたが、本格的 な稽古参加は3週間前からー。

他のキャストは、それまで稽古をされていたんですね。

なので、「一緒に創っていこうよ」と僕はフラットのまま稽古に参加したら、

他の子たちはガッツリ出来上がってました(笑)

むしろ、丈さん、キャリアがあるくせに全然創ってきてないじゃん、的な空気が(笑)

どうやったら溶け込めるかと目論んで臨んだことが、大誤算(笑)

おかげで、最も年上のベテラン俳優が、最も遅れている落ちこぼれ俳優みたいになっちゃってます(笑)

やばいやばい、毎日レンタルで鑑賞していた映画も、全く観れないほど追い詰められまくり(笑)

大丈夫か、俺。

新人俳優のつもりで、一生懸命に努めさせて頂きます(笑)

どんなことになっているか興味を持たれた方は、ぜひその目で目撃されて下さい。


★主演舞台「紫陽花」 詳細は、当サイト上 新着情報(what's new)
劇団 球 http://gekidan-kyu.com/

観劇希望の方は、ご自分のお名前、返信用アドレス、希望日時と枚数、劇団関係者(小野寺 丈)と明記したうえで、
info@gekidan-kyu.com まで送信しご予約下さい。

チケットは受付置きで、当日、受付精算となり、簡単で楽です。

※9日 土曜 昼の部と10日 日曜 昼の部の2ステージは完売となりました。
他の回を御観劇下さいませ。
尚、完売した回も、当日券を数枚ご用意しております。あとは、キャンセル待ちとなります。

| つぶやき | 16:15 | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM