<< アラスカ | main | 小川菜摘さん >>

お弁当

稽古初日から、おにぎり と サンドイッチ、本番中も必ず。

IMG_8663.JPG

2ステージの日は、昼にお弁当を配給。

IMG_8662.JPG

これ、全部、梅沢富美男兄貴のポケットマネー。

僕は本当に、これが当たり前だと絶対に思わないようにしています。

よく現場で、「あそこは ああだから、ここも そうするのが当たり前だろ」 と言って、現場の文句を言う人がいますが、
そういう人に会うたびに、この人は何言ってんだろうとガッカリします。

自分も製作側で、文句を言われた経験がありまして、
JOE Companyが初めて地方公演に行ったのが、京都だったんですよ。

そこで一部スタッフに、お弁当の事で文句を言われましてー。

そもそも、演劇界は仕込み日や場当たりの日に、何故スタッフに弁当を出すようになったかと言うと、
仕込みや場当たりの準備で、多忙を極め外食する時間がないから出すようになったわけで、

うちも、東京でも地方でも、初日まではお弁当を出させて頂きます。

ただ、その京都公演の時、地方は全日弁当は出さなければいけないと主張したスタッフがいたのです。

「うちではそうしてる」とか、
「あそこの団体は必ず 全日出す」とか、
言ってましたけど、流石に僕は怒りましたね。

ちょうど京都だったので、すぐ撮影所のことを思い浮かべてました。

当時、京都の撮影所は、お弁当が出ないのが当たり前で、
近年は東京の役者だけロケで弁当が出ても、地元の役者の方々には出ませんし、 セットの撮影では、食堂で自腹です。 それが、当たり前。

もし、そこで、「東京では弁当を必ず出すんだから、京都でも出せ」なんて言ったら、
「東京は東京、こっちはこっちや。あんた、もう、二度と京都に来んでええ」 と言われるのがオチでしょう。

その現場、その現場、色々な事情もあり、やり方があるのです。

向こうで そうやっても、こっちでは違うのは当たり前。
それを持ち出して、文句を言う人がナンセンスだと、いつも思います。
だから、僕は今後、
どんな現場に行っても、

「梅沢劇団では出すんだから、こっちも出して」とか、

毎日、オニギリやサンドイッチやお弁当が出るのが、当たり前

だなんて事は、死んでも思いません。

ただただ、感謝の思いでいっぱいです。


★明治座、梅沢富美男座長公演は8/31(金)〜9/25(火)
詳細、チケット購入方法は 明治座特設サイトまで。
http://www.meijiza.co.jp/lineup/2018/09/

| つぶやき | 14:40 | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Links
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM