イギリスのスポーツ

  • 2019.10.26 Saturday
  • 18:16

 

今、病室で ラクビーのW杯のイングランドVSニュージーランド戦を観てるけど、面白い。

 

ふと思ったことが、イギリス人って凄いな、と。

 

だって、ラグビーとサッカーの母国。

所謂、この2つのスポーツを考えた国。


もともとサッカーとラクビーは同じ競技で、手を使っても良い派と脚だけしかダメ派で揉めて、別々の競技になったそうで。

 

そのうえ、クリケットまで考えたイギリス人。

 

そんなイギリスの人々が新天地のアメリカ大陸に渡ると各国の人々もいるわけで、そこでラクビーやサッカー、クリケットなどをしていると、恐らく、別の国の人達がもっとこうした方が面白いスポーツになるとか、このルールは理不尽だから こうしようとか、色々なアイデアが混ざり合って、

 

クリケットは もっと合理的で短時間で終わるルールとなり、それがベースボールと言われるようになり、

サッカーとラクビーを融合したスポーツも創作して、それがアメリカンフットボールとなるわけです。

 

世界で最も競技人口の多いスポーツって、何だか分かりますか?

 

きっと多くの方々は、サッカーと答えると思います。

 

実は違うんですよ。

 

クリケットなんです。

 

それは人口の多い インドやオーストラリアにプロリーグがあるからだと思うのですが、

それならば、もっと進化した ベースボール(野球)も、世界でもっとメジャーなスポーツになってもいいんじゃないかなんて、一人憂いだりしています。

 

確かにクリケットもオリンピック競技には入ってませんが、もっと野球もグローバルなスポーツになって欲しいと願ってやみません。

 

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM