ジャージで稽古

  • 2019.12.14 Saturday
  • 18:31


明治座の芝居で、稽古場で浴衣を着ないでジャージで演じられるなんて、ちょっと記憶がなくらい、今まで時代劇が多かったんですね。


今回は明治時代。

また、微妙な時代で、着物の人もいれば、洋服の人もいる。


僕の役は新聞記者なんです。

しかも敏腕な。


今まで演じた事がないような役で、しかも、2幕からの登場で、現れたら かなりな量で喋りっぱなし(笑)、身体に役が染み込むまで、痺れるような稽古になっております。


台本を読みながら、自分の役をイメージした時に、黒沢明監督の白黒フィルムの現代劇のような印象を持ちまして、自分が感じたイメージを大切にしながら、現在、役を作っています。


とは言うものの、かなりなセリフ量を頭に入れる事で精一杯な NOW


こんなグチャグチャ言っている場合ではありませんので、ちょいとこの辺で失礼、、、😆


あ、失礼する前に最後に一言。


俳優 小野寺 丈に興味のある方は必見ですよ^_−☆


  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM