刃〈やいば〉

  • 2020.04.11 Saturday
  • 14:20

役者はよく「待つのが仕事」と言われます。


それは、単に撮影現場などで撮影より待っている時間の方が圧倒的に長いことが多いので言われる様になったのですが、


僕はもう一つの意味を強く感じております。


それは、役者に限らず、表現者やクリエィティブな仕事をしている人、もしかしたら他業種の方々にも当て嵌まるのかもしれませんがー、


現場に限らず、日常で仕事がない、待っている時間を、如何に有意義に過ごすのか。


この時間を無駄に過ごしているのか、精進して実りある時間にするのかで、その先の成功に関わってくるような気がしてなりません。


非常事態宣言が出てから数日。


明日をも分からぬ この待機の時間、決して無駄にはしたくなくて、自分なりに考えながら過ごしています。


外に出るのは、午前中の30分間の犬の散歩と、週に一度のTSUTAYADVDを借りに行く事と、毎夕 殆ど人の通らない路地で 子供に野球の練習をさせる事のみ。


散歩は昼近くでしたが、土曜日なのか 駅周辺は賑わってました~_~;


運動不足にならないように、以前貰った中古のエアロバイクで毎晩1時間のロード、筋トレ、体幹トレ、ストレッチ、お風呂での滑舌トレと発声練習も含めた 2時間の役者としての基礎訓練は欠かしたことがないので、いつ現場に呼ばれても、すぐに動ける身体を保たせています。


それ以外の時間で、映画(レンタルDVD)鑑賞と読書三昧。


あとは、新作創作、執筆、映画祭を片っ端からピックアップして応募と、映画の英語字幕用に作品の最終的な台詞をシナリオとして改稿する作業、、etc


結構暇かと思ったら、普段より忙しい(笑)


1日が36時間くらい欲しいです。


ところで、非常事態宣言中ですが、街は賑わい、朝の出勤は満員電車、娯楽施設も人混みだそうで、

実は住んでいる町も、その両隣の町にも既に感染者が出ているようなのですが、その緊迫感は感じられません。


決して緊張して過ごすことはありませんが、宣言後から数日で、もう緩んでいるような気が致します。


この調子だと、1ヶ月間我慢を強いられたとしても、劇的な効果は望めないかもしれませんね。


僕が思うに、大手の会社が先日コロナの判別が100%の検査キットを開発したとの報道を耳にしたので、早く量産してもらい、


1日も早く国が 予防接種と同じように義務化にして検査をした方が良いと思います。


感染しても症状が出ない事も多いので、自分が感染者と気付かずに過ごしている人が相当数いるに違いありません。


この状態がなくならない限り、感染は止まらないでしょう。


殆ど報道されませんが、軽症だと治癒される方も、感染者数に近いほど大多数いらっしゃるそうです。


国民全員が検査をして、陽性の方だけ自宅か施設に義務的に待機をしてもらい、治癒したら外出してもらう。


一気に検査をしたら、今の10倍、100倍の感染者数に跳ね上がるかと思いますが、そこを恐れるよりも、その方々が気づかずに出歩いてしまう方が余程怖いでしょう。


もしかしたら、僕だって感染しているかもしれないし、国民全員が検査を受けられる体制にしてもらうことが、何よりの解決策だと思うのですが 如何でしょうか?


舞台や撮影が中止になろうが延期になろうが、僕らの業種には補償など全く及びもしないわけで、誰もが苦しい中、愚痴ること自体が愚かなことなので、


ただただひたすら、お金を節約し、国の決めたことを守り、


明日を見据えながら、刃を研ぐことしか出来ないのです。


  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM